• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却にかかる費用は?

港区でマンション売却するには色々と費用がかさみます。

具体的にはどんな費用がかかるのでしょうか?

まずは税金類。

印紙税。

不動産売却時に税務署に申告しなければならない譲渡所得税。

仲介手数料。

司法書士費用。

などになります。

印紙税は印紙の際に必要になるもので、売買契約書などの書類を作成するときに必要になりますが、だいたいは不動産側で用意してくれます。

港区で1000~5000万円のマンション売却したならば、15000円です。

譲渡税は不動産を売却した時に、支払わなければならないものですが、売却額が3000万円を超えた時にのみ発生します。査定時に大体の価格がわかるので課税の是非はわかります。

仲介手数料はマンションの売却者と購入者の仲介役である、不動産会社に支払うお金です。

400万円以上の売却で手数料は、売却額の3.15%+63000円、及び消費税です。

司法書士費用は、マンションを引き渡す時や、住所の変更時の書類作成にかかる費用です。価格は決まっておらず、地域によって変動しますが、だいたい5万前後となっています。

このほかにも、マンションを売る前に、部屋が汚いと、査定額が下がったり、購入者側から大きな値下げの条件を出される事もありますので、清掃を必要とする際は清掃費もかかります。