• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識では物件が売れたら確定申告が必要

港区で戸建てやマンション売却した際、自分の手元に入って来る金額。これは、実は立派な所得と見なされます。よって、手元に入った売却金額も課税対象になるのです。そのため、物件を売却して現金化した年には確定申告が必要になります。しかし、通常の所得のように収入から所得税を算出して申告するものとは少し違います。

基本的には売却によって得た収入から、売却にかかった諸費用と取得費(物件を購入した際にかかった金額)を差し引き、残ったものが譲渡得となり、その利益に課税されることになります。港区でマンション売却する場合に譲渡得が発生する取引が運べるかは一概には言えませんが、発生した場合は必ず覚えておきましょう。この譲渡得にかかる税金は分離課税と呼ばれ、通常の所得税とは一線を画したものです。

確定申告においては数種類の書類を作成して手続きに臨むことになりますが、ここでまず最初に作成しておきたいのは、譲渡所得の内訳書です。これを最初に作成することによって、今回の売却でどのようにお金が動いたかを整理することができ、その他の手続きもスムーズにいくことが多いからです。実際の売却金額に加え、細かい諸費用や仲介手数料など差し引く必要がある経費も多いはずですので、しっかりと流れを把握しておきましょう。

また、確定申告には申告書などの他、売却の際に発生した各書類も必要となります。売却手続きが終了した後も紛失などないよう、わかる場所にきちんと保管しておくべきですね。