• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識における不動産売買で気をつけること

最近は円安傾向が続き、リーマンショック以前に戻る傾向にあり日本にとっては良い傾向ですが、不動産物件についてはいろいろ心配があります。

港区は相変わらずマンションの建設が進んでおり、マンション売却も順調のように見えます。でも、このまま景気が良くなると消費税の増税が待っています。土地は非課税ですが建物は売却すると消費税がかかるので、港区のマンション売却も例外では今のところありません。そうなると、駆け込み売却が起こりそうですね。

不動産物件を売る企業にとっては早くも売却のチャンス到来のようです。また、マンションの売却でも人気の高いところはさらに激戦になるので、早い購入が安心です。予定外の早めの購入となると心配なのが購入の資金繰りですね。マンションの購入は資産価値が低いので担保としては厳しいようですが、立地条件が良い港区などでも心配です。

こういう時は住宅ローンに頼らざるを得ません。住宅ローンを組む時に気を付けたいのがレ―シック手術です一見関係ないようですが、住宅ローンを組む時に加入させられる保険で、レ―シック手術を受けていると審査に落ちるといわれています。住宅ローンを組む時にはレ―シック手術を受けないうちに組まれることをお薦めします。