• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却時の査定の見極め方

港区でマンション売却をしようとする際、売却を任せる不動産会社を選ぶため、複数の不動産会社で査定をして貰いましょう。

複数査定をしてもらうと、その会社毎に査定額のばらつきが出ます。

しかし、売却を任せる際の決め手を、最低額の高さで決めて良いという事はありません。

不動産は、売り手と買い手の駆け引きがとても重要な世界です。

例え物件、値段などの条件が良くても、「売り手の手腕」が良くないと何時まで経っても、マンションは売れてはくれないのです。

ですので、マンションを査定して貰う時は、逆にこっちが、不動産会社の担当者が、どれくらい仕事ができるのか、「査定」しましょう。

例えば、その査定の価格になった“根拠”を説明して貰いましょう。

港区ならば、各企業の会社との距離や商業エリアとの土地関係、道路、交通の便など、査定額の根拠となった理由を、しっかりとこちら側に説明できる会社に、マンション売却を任せるようにしましょう。

その説明を、担当者はそのまま買い手に説明をするのです。

この時に、説明がわかりにくければ、買い手の方も買う時の説明に不明瞭さを覚えてしまい、売却は難しいでしょう。

ついつい査定額の高い方に目が行ってしまいますが、それよりも会社の質を見極めれるようにしましょう。