• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、煩雑な登記手続きの注意点

港区のマンション売却など、不動産を売却する際、数々の手続きが必要となりますが、その中の1つに不動産登記があります。

数々の手続きを要する不動産売買の中で、ゼロから始める者にとっては権利関係の物が一番わかりにくいところかと思われます。登記手続きだけでも「所有権移転登記」「住所変更登記」「抵当権抹消登記」「登記名義人変更登記」などがあります。今所有している物件の権利の状態により取る手続きは変わってきます。

素人にはわかりにくいことだらけですが、こういった手続き関係は司法書士に一任するのが一般的です。不動産を売却することが決まれば、不動産会社探しと同時に経験の豊富な司法書士に当たりをつけることも始めておいた方がいいでしょう。ただし、司法書士に依頼する場合は登記にかかる費用の他に、司法書士に支払う手数料も発生します。登記手続きそれぞれに税金などを含めた各費用がかかるのはもちろん、それぞれに手数料も付随してくるので確認が必要です。司法書士が法外な手数料を請求してくることはあまりありませんが、若干の上乗せをしてくる可能性はあります。

見積もりを取った際には明細を確認しておきましょう。取り扱う物件数も多いであろう港区でも、マンション売却の際に頼りになる司法書士は多数いるはずです。登記手続きは不動産売買においては非常に重要になってきます。それを外部に一任するのですから、度重なる確認はしておくに越したことはありませんね。