• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、売却物件に残債がある時は

港区にあったマンション売却して新規に物件を購入したい、でも今住んでいる物件のローンがまだ返済できていない…。売り物件に残債が残っている場合、どのような方法があるでしょうか。

売却を予定している物件を不動産会社で査定してもらった金額が、新規に購入予定の物件の価格より下回るといったケースはよくあることと思われます。その土地の地価が購入当時より上がっているなどといったようなことがなければ、長年住み続けた部屋の状態などから購入金額より高く売れることは難しいでしょう。まして港区でのマンション売却は、物件の供給数が多いこともあり軒並み売却価格は低くなるはずです。さらにその物件に残債がある場合、次に購入する物件が売却物件と同等のものであったとしても、その購入金額と売却金額との差で損をするだけでなく、売却金額で残債を賄えないといったケースも出てくるでしょう。この場合、まず残債がある状態で売却をすることはできません。売却を進める場合には、物件にかかっている抵当権を解除する手続きが必要ですが、そのためには残債完済が大前提となります。しかし、金融機関などで新規物件の購入金額と前の物件の残債を合わせた買い替えローンを組み直すことができる場合もあります。この時は新規物件を担保にしますので、新たに購入する物件は担保価値の高いものの方が有利になります。しかし、買い替えローンにも厳しい審査が伴いますので、容易に取る方法ではないことは覚えておきましょう。