• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、売却損や残債の対処法

今から港区でマンション売却しようとする場合、その物件に残債ローンがある場合はローン完済を含めたいくつかの方法を考えなければなりません。

まずは残債を完済するのが一番よい方法です。しかし、もし残債が多額になる場合は、物件の売却査定額より残債が上回るケースもあるでしょう。その際にはいくつか方法を取ることができます。まずは金融会社で新規購入する物件の価格と残債を合わせて買い替えローンを組む方法がありますが、諸条件によって買い替えローンの審査が通らない場合もあります。では、支払い金額や負担を軽減する方法を考えてみましょう。

1つは、不動産売買で損額が出る場合、残債にかかる住民税や所得税などが一部控除される優遇税制があります。諸条件は必要になってきますが、少しでも負担を軽減するためには利用も考慮に入れてみるのもいいでしょう。また、どうしても現在の資金繰りで残債を返済するのが困難な場合の最終手段としては、任意売却という方法もあります。ローンを組んだ金融機関の了承を受けて、物件の売却金額を含めて少しずつ無理なく残債を返済できるというものです。ただし、その場合は売主と金融会社の間に債務回収会社が入り、残債を代位弁済してもらった分を売主が債務回収会社に支払うという形を取りますので、売主は債務者として最後まで残債を返済することになります。

物件激戦区である港区でのマンション売却の場合、物件相場も刻々と変わっていきますので、入念な下調べと資金繰りを行いましょう。