• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、売却と賃貸、どっちを取るべき?

何らかの理由で不動産を手放さなければならなくなったとき、この物件を売ってしまうことを第一に考えがちですが、方法としてはマンション売却の他に賃貸として人に貸すという手段もあります。売却するのが得なのか、賃貸で貸すのが得なのか、悩みどころですね。

不動産売買において、取るべき手続きや方法は様々で、一概にどれが最良の方法とは断言できません。売却か賃貸かの選択もそれと同様です。どちらにもメリット・デメリットがあります。まず、売却の場合は売った金額がそのまま現金化される・完全に手放すためこの先の管理費が不要・これから変動する地価に影響されない・固定資産税などの負担がなくなる などのメリットがあります。対して賃貸の場合は不動産を完璧に手放さずに所有できる・人に貸している間は安定して家賃収入を得ることができる・いざというときは自分の身内に譲渡することもできる資産として残せる などがメリットとして挙げられます。

そしてそれぞれにデメリットも同等に存在します。売却の場合は物件の権利を全て手放さなければならず後に残せない・売却の際不動産会社に支払う手数料(仲介手数料など)や経費が発生する・買主が現れない場合は収入は一切ない などとなるでしょう。賃貸の場合は賃貸している間のリフォーム料金は実費・その他維持費が発生する・家賃収入を得るとその都度確定申告の必要がある などがあります。

以上を踏まえた上で、さらには立地的に売却向きか賃貸向きかといった違いも出てきます。港区であれば、一時的に部屋を借りたいという借主の割合が多いことが考えられるので、港区でもマンション売却だけではなく賃貸を選ぶ方が賢い場合も出てくるかもしれません。