• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、仲介手数料の仕組み

港区のマンション売却する際、自分で個人的に買主を見つけられる場合以外は、たいていはまだ見ぬ買主候補との間を不動産会社に仲介してもらう契約をすることがほとんどでしょう。この際、仲介業者に支払わなければならない経費が仲介手数料です。

基本的には、売りに出す物件の価格により手数料の割合は変わります。売却価格が200万円以下の場合は売価の5%・200万円を超えたところから400万円未満の価格は売価の4%・400万円以上の場合は一律で売価の3%に加えて6万円が上乗せされます。この6万円って何?という疑問はすぐにわいてくるものですね。実は、仲介手数料の計算方法は、売価の全部に対して手数料率を掛けるといった単純なものではないのです。例えば売価が1000万とすると、これを3つの範囲に分け、このうち200万円までに5%を掛け、残りのうち200万円を超えた金額から400万円までに4%を掛け、残った600万円に3%を掛けるという何とも煩雑な計算方法が取られています。この計算方法と、単純に1000万円に3%を掛けたものには、どんな価格であろうと一律で6万円の誤差が生じます。よって、煩雑な計算を短縮するために売却価格全体に先に3%を掛けてから、一律で生じる誤差たる6万円を後で足してしまおうという計算方法が使われているのです。そしてさらに仲介手数料には消費税もかかってきます。ただし、都心の港区などを扱う不動産会社では、マンション売却の際の手数料を割引するところも増えています。こういった箇所もチェックしておくべきですね。