• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、専任媒介契約・専属専任媒介契約とは

港区でマンション売却するにあたり、不動産会社に買い取ってもらう以外はその会社と媒介契約を結び、今から現れるであろう買主との間に仲介に入ってもらうこととなります。その契約形態としては、複数の会社と契約できる一般媒介契約と、1社とのみ契約を結ぶ専任媒介契約・専属専任媒介契約があります。物件激戦区たる港区でのマンション売却なら、こういった点も吟味したいところです。では、この専任媒介契約・専属専任媒介契約とはどういったものでしょうか。

基本的な事項はこの2つについて大きな違いはありません。ただ、専属専任媒介契約の方が専任媒介契約に比べてより法律的にも縛りが厳しいものと覚えておくとよいでしょう。例えば、専任媒介契約の場合、売主が個人的に買主を見つけることも認められていますが、専属専任媒介契約の場合はそれが認められません。また、この両者に関しては売主に対する販促の報告義務が発生しますが、専任媒介契約は2週間に1回以上でよいのに対し、専属専任媒介契約では1週間に1回以上と義務付けられています。また、不動産会社間だけで全国の不動産情報を閲覧できるシステム・REINS(レインズ)への登録義務も、専任媒介契約では7日以内・専属専任媒介契約では5日以内といった細かい規定の違いがあります。

どちらを選択するのがよいかは、売主の都合により変わって来るかと思われますが、縛りの厳しい専属専任媒介契約の方がより業者と親密に連携が取れることもあるかもしれません。しかし、場合によっては専任媒介契約の方が動きやすいこともあるでしょうから、自分に合った契約形態を選んでください。