• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却不動産事情

都心の開発は去年あたりから増えてきている傾向にあり、特にタワーズ型マンションの建設は今でも新しく建設を行っている状態です。

不動産物件でもいろんな物件の売却が行われていますが、港区は新しく開発された地域というよりは以前から開発がすすめられた地域です。2000年に六本木ヒルズが建設完成すると、周辺の開発が進んできて、六本木ヒルズ周辺に住む人たちをヒルズ族と呼ぶようになったのもひと昔のように思います。その時から、投資不動産物件が増えてきて外国企業がよく購入をしていたのも港区地域でした。

今では、リーマンショック以降、港区でもマンション売却が思うようにいかない時もあったみたいですが、今ではさらなるマンションの建設があるように不動産物件の売却も増えてきました。この不動産物件の売却により購入者は、一線を引退した老夫婦や中国系の人が主なお客でしょう。特に夫婦で購入する方は、タワーズマンションを購入する傾向が高いですね。理由としては、設備が充実しており病院がマンション内にある所もあり、高齢者にとっては住みやすい環境も選ばれている理由の一つです。

また最近では品川駅周辺でも、タワーズ型マンションの建設が進んでいるので大きな需要があるでしょう。