• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却の相場を知る

近年、その利便性などから物件激戦区となっている港区でマンション売却する場合において、まずこのエリアの相場を知っておくことは大事です。今現在、港区にはたくさんのマンションが建設され、物件供給数は著しく増加しています。ゆえに、売却価格などの相場は軒並み抑えめで設定されているようです。

とはいえ、高級住宅街なども点在する港区ですので、エリアによっては地価の坪単価だけでも飛びぬけています。同じ港区でも地域性によってその価格に大きな開きがあるわけですので、まず自分の居住エリアの地価が今どのようになっているのか調べてみましょう。港区の中で坪単価が最安のエリアと比べて、ビジネスオフィスを多数抱える新橋・青山などはやはり価格が跳ね上がっています。家賃相場で言うと、やはり高級住宅街とされる白金高輪・表参道などは人気も高くあるためある程度引き上げられています。そしてやはりビジネス街である品川・芝浦の他、エリアのブランドネームとして人気の六本木・麻布十番なども、街の利便性も含めて需要が多いようで、価格の張る物件が多く見受けられます。

また、高層マンションが並ぶこのエリアでは、同じ建物内でも低層か高層かで価格は変わってきます。それらの条件を調べた上で、今住んでいる部屋がどれぐらいで売れるかの指針として取り入れて考えましょう。