• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション、マンション売却前に知りたいこと。

都会でマンションを購入して暮らしている方で、定年後は田舎で土いじりをしながら老後を楽しみたいと思っているサラリーマンが多いですが、一戸建てを売却して田舎暮らしという方よりもマンションを売却して田舎暮らしという方が多くみられます。しかし、港区でもマンション売却する時は思ったほど高額で売却ができないことがあります。

理由としては土地の持分割合が部屋の面積よりも狭いこと。これはマンションの土地を部屋の数や部屋の大きさで分配するのでどうしても土地の面積が狭くなり評価額も少なくなってしまいます。マンションの部屋は建て直しができない為リフォームするだけに留まってしまうので部屋の価値が低いままの評価になってしまうこと。などなどの理由があります。

立地条件の良い港区の品川、六本木や麻布でもこのような理由により売却する時は評価額が低くなります。その為に今では、マンション建設時にイノベーションができるマンションも増えてきており、建設時に購入者が資産価値が高くなる工事をしてもらい、いろんな面で有利になるようにすることです。

資産価値が上がればローンを組む時も有利になります。港区のマンション売却する時も有利になります。ただし、固定資産税や相続する時は資産価値が高くなると税金が心配になります。