• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却知識、競売とは何か?

もし万が一、今住んでいる物件のローンが払えなくなったといった状況に陥った時、債務者が任意で売却に踏み切り残債を債務回収会社に返済する任意売却の他に、物件を差し押さえられて競売にかけられるパターンもあります。正確にはマンション売却とは違ってきますが、港区などで物件を持っていて、何らかの理由で高額なローンが払えなくなった時の方法という1つの知識として頭に置いておいてください。

物件を購入する際、ローンを組む時にその物件には抵当権が設定されます。これは、もし金融機関が融資した金額が回収されなくなったら、金融機関が裁判所に申し立てることにより行使されるものです。この抵当権により物件は差し押さえられ、不動産業者にとどまらず一般の個人も参加してより高額を提示した人が買い取ることができるのです。競売に出される物件とはいわゆる訳ありではなく、単純に元の持ち主たる債務者に支払い能力がなくなっただけですので、通常と遜色ない物件が通常の7~8割で購入できるとあって、一般の個人の方にもよく利用されています。

そして重要なのは、債務者となり物件を競売に出して手放さなくてはならなくなっても、残債は帳消しにならないという点です。任意売却の場合のように売却金額を返済に充てられるわけではないため、債務者はさらに厳しい資金繰りを余儀なくされます。さらに任意売却の場合と同じくいわゆるブラックリストに載ってしまうため、返済のために新たにローンを組むこともできないのです。最初の物件購入時に、身の丈に合った価格のものを購入すること、無理のない返済計画を立てることが重要です。

港区でマンション売却を検討している場合は覚えておきましょう。