• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却、リフォームで値が上がるとは限らない

港区でマンション売却する際、他人に売り渡すものになるわけですから、マンションであればその部屋の状態などは気になるところです。物件を売却する際のリフォームについて考えてみましょう。

まず、物件に限った事ではありませんが、中古品を購入する場合はちょっとでも状態のいいものを、と思うのは人の常です。物件も例にもれず、もし買主の立場なら中古の中でも極力きれいなところを選ぶはずです。逆に言えば、損傷の激しい状態では買い手が付くものも付かなくなる可能性は充分にあるわけです。ゆえに、物件の状態はそのまま売却価格にも大きく影響します。ましてやブランドバリューの強い港区でマンション売却する場合は、きれいな状態ありきの場合も少なくないでしょう。

とはいえ、売却する前にリフォームを完璧に行えばその分高く売れるかというと、その限りではありません。例えば、10年住んだ部屋が新築同様にリフォームされていた場合、年数の割に問題点が目視できないため、隠れたところに問題がある場合は買主が確認をできないなどのデメリットがあります。また、壁紙などのインテリアにかかる部分は、買主が実際に居住してから自分好みに変えたいといった場合もあるため、さらにリフォームを重ねられると売主が高い経費で行ったリフォームが無意味になるケースも出てきます。そしてそのリフォーム代金が売主の負担であった場合はその分を売却価格に上乗せできるわけでもないのです。

このように、買主のタイプや都合によってリフォームの有無での価値は変わって来ることがありますので、仲介業者によく相談することをおすすめします。