• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却にかかる販促活動

港区でマンション売却など、物件を売る場合、不動産会社と契約を結んだ後に売り出すことになりますが、その物件が売れるためには広告などの販促活動が必要です。

まずはチラシなどを撒いたり、その不動産会社の窓口に物件情報を貼りだしたりなどが手っ取り早く取られる方法です。その他にもインターネットサイトを持っている会社ならサイトに情報を掲載したり、不動産ポータルサイトに掲載を依頼したりなど、業者はあらゆる広告媒体を使って売却物件を宣伝してくれるでしょう。もちろん、商売として請け負った物件が売れ残らないようにするためです。しかし、契約形態によって業者の販促活動にかける力が違ってくることも多々あります。例えば、売主が専属媒介契約を結んで1社にのみ依頼をする場合は、業者からしてみれば自社の頑張り次第で確実に利益になるため、極力売れるように手を尽くしてくれるでしょう。しかし、売主が複数の会社と契約を結び複数から販促活動を依頼できる一般媒介契約の場合、そのうちのどこか1社で買主を見つけることができれば、他の数社がどれだけ力を注いでもその業者には一銭の実入りにもならないわけです。したがって、業者によっては販促活動がおざなりにされることも少なくないのです。

広告の間口が広がる一般媒介契約は売主にとっては有利に見えますが、専属媒介契約と比べて業者の動きが違ってくることがあるのです。特に激戦区である港区でのマンション売却なら凡百の不動産会社がひしめいているため、そういった業者の働きなどの見極めが必要です。