• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却における契約形態

港区のマンション売却にあたっては、不動産会社に相談したりインターネットサイトなどで無料査定をしてもらったりという方法で、売却物件の査定をしてもらうことと思います。そして納得できる査定額が提示されたら、いよいよ不動産会社と契約という運びになります。ここで、会社との契約にはどういった形態があるか知っておく必要があります。

1つは、複数の業者と契約し、複数に販促活動を依頼できる一般媒介契約です。この形態では、売主の売却物件をより広範囲で買主候補に発信できるため、買い手がつく可能性がぐっと上がります。よって、即売れするパターンも考えられ、売主としては有利な方法です。ただし業者側からすれば、1社が購入契約を勝ち取った場合に他の業者には仲介手数料始め一切の実入りがなく、販促活動にかけた経費が無駄になってしまいますので、それぞれの販促にかける力がどうしても弱くなります。

もう1つは、1社とのみ契約を結び、全ての活動を一手に依頼する専任媒介契約・専属専任媒介契約です。この場合、販促活動においては業者の頑張りがそのままその業者の売り上げになるため、否が応でも販促に力を注いでくれます。ただし、ここと決めた1社がたまたま悪徳な業者であったり、もともと怠慢な姿勢の業者であったりした場合でも、そういった動きの比較が他社とできないため、動きがなくそのまま終わってしまうこともないとはいえません。

不動産会社がひしめく港区では、マンション売却時にも業者間での駆け引きは熾烈なはずです。売主はまず、より信頼できる業者を選別することが大切です。