• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却、確実に売れる売価設定

せっかく自分の大事な資産であるマンションなどの不動産を売却するのですから、確実に売れる方法を考えたいものです。しかし、同時に少しでも高く売って損を最小限にする線引きも必要です。

まず、売却価格の設定から言うと、いくら高く売りたいからといって物件の相場や物件の状態などを無視して高値を設定すると、売れるものも売れなくなります。不必要に売価を下げて売り叩いてしまう必要はありませんが、売れるであろうギリギリの値段を設定する勇気がいるのが取引です。これからの資金繰りのことも考慮し、これ以上下げると困ると言うラインをしっかり持っておくことは重要です。その上で、いかに売却相場と擦り合わせていくかが大事なのです。

そのために、複数の不動産業者に査定をしてもらうのが客観的に売価を設定する方法の1つですが、その価格は取引事例法と言って近隣の物件の取引実績をもとに算出されるものです。港区なら、過去のマンション売却実例も多いので比較しやすいでしょう。しかしそれ以上に、物件の他条件を加味して若干の上乗せをしても売れる場合もあります。その諸条件を考え合わせて売価を設定するには、やはり不動産会社との綿密な打ち合わせが必要となってくるのです。

また、不動産会社に足元を見られないために、他の業者で査定された売却価格を持ちだすことも1つの手です。1社のみと取引をすると、最初に高額で査定して契約を取り付けた後にどんどん値を下げられてしまうというパターンも生じる可能性があります。港区のマンション売却は、複数の業者と話をしてみて、一番信頼できるところを確実に選びましょう。