• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却にも役立つREINS(レインズ)とは?

不動産を売買する際、不動産会社と契約を結びますが、その物件情報は不動産業界でのみ利用されるREINS(レインズ)というネットワークシステムに登録されています。

このREINSは、Real Estate Information Network Systemの略で、不動産流通機構という団体によって運営されている不動産業界専用のポータルサイトのようなものです。ここに、全国で売り出されている物件情報が網羅され、全国の不動産会社だけがこの情報を登録・閲覧できます。そして、業者間で不動産情報を交換しあうことができるのです。宅建業法という法律により、全国の物件情報はこのREINSに登録するように基本は義務付けられています。(一般媒介契約の場合は義務ではありません)そのため、REINSには日本中の不動産情報が膨大な数で存在します。そしてREINSのシステムにより、自社だけでは手の届かなかったところから買主が見つかるといった風に、ネットワークをかなり拡大することができているのです。

このように、通常であれば売りに出す物件はREINSに登録されるものですが、一般媒介契約の場合は登録義務が発生しないため、あえて登録をしない業者もあります。それには仲介手数料が関係しています。売主と契約して買主も自社で見つけた場合は両方から手数料を貰えますが(両手)、もし買主がREINSを介して見つかった場合は、売主からの手数料のみで買主側の手数料は自社には入ってこないためです(片手)。

港区でマンション売却をした場合、REINSの存在により全国から物件を買いたい人を探し当てることができます。この港区のマンション売却時はシステムを積極的に利用している業者を選びたいものです。