• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

港区のマンション売却

港区のマンション売却の難易度

港区でマンション売却する際、売れるマンションと売れないマンションがはっきりと分かれてきます。売りに出してすぐ売れるマンション、何時までも売れ残ってしまうマンション、どこが違うのでしょうか?そのポイントは?


人気のマンションの条件として、立地が一番重要でしょう。

駅から近い、人気の区域にあるなど様々ですが、その点、港区のマンションは条件が良いと言えるでしょう。

他には周りの公共施設が充実しているか、治安はどうかなども査定の対象になります。


もうひとつはマンション自体の状態です。

築年数が新しいほど価格が高いのは一軒家と同様ですが、拡張性に乏しいマンションの特徴として、とくに部屋の綺麗さや、設備の破損などが重要視されます。

部屋が南向きかどうか、耐震性はどうか、階数も査定の重要なファクターとなります。


更に、それらの条件が良い、悪いに関係なく、早く売りたいならば値段設定を低めにする事です。

マンション売却の査定は周りのマンションの相場と比較して決められます。つまり、価格設定をそれより少し低めに設定すれば購入者の目に付きやすくなります。値段を低くすると儲けは小さくなりますが、逆に高いと何時までも売れ残って、維持費など無駄な出費が増えるのでバランスが大事です。