• HOME
  • 無料査定をする
  • 売却相談をする
  • 売却事例紹介
  • お問い合わせ

麻布の不動産売買

麻布の不動産狭小敷地の活用

狭小な土地に建てられる住宅を狭小住宅と呼び、一般的には15坪以下の建築面積を指している場合が多いといえます。

昔の3軒長屋の跡地などは間口が狭い細長い土地であったり4角ではない変則的な形である場合もあります。


都内は特にこのような狭小な土地が多いのですが近年は、狭小な土地を生かした狭小住宅をいかにして無駄がなく、おしゃれにデザインするか、そして視覚効果で狭小さを感じさせず、広く見せる工夫もされているため開放感があり、スタイリッシュな狭小住宅が増えています。


そのため、土地代の安さもあり狭小な土地を探してデザイナーズ狭小住宅を建てるといったケースも多く見られます。

空間を広く見せるため、一部屋ワンフロア地上3階建で吹き抜けにしたり、仕切りが少ない開放感のある間取りが多いのが特徴といえます。


麻布周辺に居住目的で不動産取得を希望していても、一等地とされるエリアゆえ土地の価格も、なかなか手を出しにくいといったこともあるかと思いますが、このように狭小な土地を探して、狭小住宅を建てるのも良い方法ではないかと思います。


麻布は利便性が良く、人気のあるエリアなので賃貸にして家賃収入を得たりといった不動産投資の物件としても良いかもしれません。